今回の記事では、現行貨幣の500円玉について、発行された年号・発行枚数や、状態による予想買取価格などをご紹介していきます。まずは一覧表で確認して頂き、その後、年代ごとの特徴などについても触れていきます。

価格目安については、日本貨幣商協同組合加盟店による販売実績、オークション実績などの結果を元にした、日本貨幣カタログを参考にしています。(※価格目安「-」となっている箇所については、貨幣本来の価値と同等の価値しかない、ということを意味しています。)

昭和57年〜平成11年発行(白銅貨)

財務省HP通常貨幣一覧より(https://www.mof.go.jp/currency/coin/general_coin/list.htm)

貨幣情報

図柄(表/裏) 桐/竹、橘、500
素材 白銅
品位(千分中) 銅 750、ニッケル 250
直径 26.5mm
量目 7.2g
発行年 昭和57年〜平成11年

発行枚数や価格目安など一覧表

年号(西暦)価格目安発行枚数(枚)
完未未使用美品並品
昭和57年(1982)1,2001,000--300,000,000
昭和58年(1983)1,2001,000--240,000,000
昭和59年(1984)1,2001,000--342,850,000
昭和60年(1985)1,2001,000--97,150,000
昭和61年(1986)1,2001,000--49,960,000
昭和62年(1987)2,5002,0001,5001,0002,775,000
昭和63年(1988)1,2001,000--148,218,000
昭和64年(1989)2,0001,50080060016,042,000
平成元年(1989)1,2001,000--192,852,000
平成2年(1990)1,2001,000--159,953,000
平成3年(1991)1,2001,000--170,120,000
平成4年(1992)1,2001,000--88,130,000
平成5年(1993)1,2001,000--132,240,000
平成6年(1994)1,2001,000--105,772,000
平成7年(1995)1,000---182,869,000
平成8年(1996)1,000---99,213,000
平成9年(1997)1,000---173,090,000
平成10年(1998)1,000---214,608,000
平成11年(1999)1,000---165,120,000

平成12〜発行(ニッケル黄銅貨)

財務省HP通常貨幣一覧より(https://www.mof.go.jp/currency/coin/general_coin/list.htm)

貨幣情報

図柄(表/裏) 桐/竹、橘、500
素材 ニッケル黄銅
品位(千分中) 銅 720、亜鉛 200、ニッケル 80
直径 26.5mm
量目 7.0g
発行年 平成12年〜

発行枚数や価格目安など一覧表

年号(西暦)価格目安発行枚数(枚)
完未未使用美品並品
平成12年(2000)1,000---595,969,000
平成13年(2001)1,000---608,051,000
平成14年(2002)1,000---504,661,000
平成15年(2003)1,000---438,405,000
平成16年(2004)1,000---356,903,000
平成17年(2005)1,000---345,030,000
平成18年(2006)1,000---381,593,000
平成19年(2007)1,000---409,903,000
平成20年(2008)1,000---432,811,000
平成21年(2009)1,000---343,003,000
平成22年(2010)1,000---406,905,000
平成23年(2011)1,000---301,936,000
平成24年(2012)1,000---267,211,000
平成25年(2013)1,000---137,892,000
平成26年(2014)1,000---167,013,000
平成27年(2015)1,000---143,004,000
平成28年(2016)298,340,000

500円玉の価値はあまり高くない

500円玉は、他の貨幣に比べて歴史が浅く、また発行枚数もほとんどの年で1億枚超えという、毎年相当な数の500円が流通しています。そのため、500円玉が、通用価値以上の評価で買い取られることはほとんどありません。
昭和62年、昭和64年については、発行枚数が270万枚、1600万枚と、例年に比べて少なくなっていることから、並品でも1,000円、600円という少し色をつけた程度の評価がされています。それ以外の年代は全て、通用価値以上の評価はされていません。

【関連】100円玉の価値・価格の一覧まとめ!相場はどのくらい?

【関連】50円玉の価値・価格の一覧まとめ!相場はどのくらい?

 

通用価値以上の100円玉まとめ

  • 昭和62年(並品 1,000円)
  • 昭和64年(並品 600円)

 

【注意】記念硬貨の買取でお近くの店舗にいく前に


記念貨幣(硬貨)を買い取ってもらおうと決めた時、あなたはどこで買取査定をしてもらうでしょうか?すぐに思いつくのは、お住まい付近の買取ショップ、またはチラシが入ってきた地域の買取業者ではないかなと思います。
すぐに足を運べる場所なのでつい選びがちですが....その選択、ちょっとお待ち下さい!!
当サイト独自に行なった「古銭買取経験のある方への満足度調査」によると、多くの方が地域の買取業者・店舗を利用されていました。しかしその中には多く不満を抱く回答も多く、次は「ネット買取業者を利用したい」という声が多数上がりました。
口コミの一部を掲載してみますと、

とても親切で丁寧に対応してくださいました...が
表面上は親切に丁寧に対応してくれましたが、なんだか強気な感じがして、怖かったです。何でも簡単に査定できます。といった自信みなぎる雰囲気にあまり好感が持てなかったです。この業者さんは、もう利用しないつもりです。
所持品整理をしていた40代男性
思っていたよりも早く査定が終わった
古銭がいくらの価値かも分からず、とりあえず店舗に持ち込みました。意外と高く売れるものなのだなと感じました。査定はサクッと見られたくらいで、速やかに金額提示されました。相場がわからなかったのでそのまま売却しました。後々知人に聞いてみると、もっと高く売れたんじゃない?と言われ、ちょっとショックを受けています。
父の遺品整理をしていた60代女性
査定の基準がよくわからない
言葉遣いなどは問題なく、親戚のおばさんたちの質問に答えてもらえた。ただこちらが全くの素人で、相場も価値もわからなかったので、最初は買取価格がかなり少なくびっくりした。やりとりしているうちに買取価格があがった。叔母たちは喜んでいたが、わたしとしては不信感でしかなかった。
親戚の遺品整理に立ち会った30代女性
やはり、こちら側が素人なので思うような査定にならないことが多い模様です。また、地域のお店ということは「競合が多くない」と言えるので、接客や実際の査定額などサービス面で良くない影響を及ぼす可能性もあります。もちろん店舗にもよりますが、心配要素としては大きいです。
もちろん、いい口コミも中にはあります!
個人的には満足な結果です
店舗自体は川崎市内の細い雑貨ビルの上階にあり、店舗を探すのに苦労致しましたが、スタッフの対応はとても丁寧でとても好印象でした。その場では私以外の客の姿はなかった為か鑑定時間も短くまた、カナダ・メイプルリーフ金貨(1/4オンス) 1点:4.1万円と高額に買い取って頂けたため、とても満足しております。
旅行資金を作るためにコレクションを手放した60代男性
思っていたより高額で満足
最初居た男性が、「自分より古銭に詳しい者がいる」と、外出中の女性店員を呼んでくれました。その女性店員さんが、何が幾らかなど丁寧に説明して下さり、納得して査定を受けることが出来ました。素人には分からないので……。記念コインなど、数十点を二万円少しで買い取って頂けて満足しています。
祖父と叔父の遺品整理をしていた40代男性

なにかサービスを利用するとき共通で言えますが、こういった”アタリ”のお店に出会えると嬉しいですよね^^ただ、全てがそういう店舗ではありません....
買取店も商売でやっていますから、少しでもお店の利益を増やそうとしたら「査定額を抑えようとする」のは当然の考えです(悪意があるいのではなく、商売を成り立たせるためにはごくごく普通の思考なのです)。素人の我々にはわからないように、自然と話を進めますので注意しましょう。
とはいえ、注意したほうが良いと言われても難しいですよね。そこで、「少しでも買取査定を高くする方法」を、次でお伝えしたいと思います。これらを行えば、1つの店舗で査定依頼をするよりもほぼ確実に高額査定が期待出来ますよ^^

記念硬貨を少しでも高く買取査定してもらうために


上の「記念硬貨の買取でお近くの店舗にいく前に」でもお伝えしましたが、1つの店舗だけに査定依頼をすることは業者間での「競争」が起きないので、査定価格は買取業者の言うがままになってしまいます。
ではどうすればそうならないか?もうお分かりですね。「複数の業者に査定依頼をする」つまり、世間一般で言う「相見積り」をとることが高額査定する上でも重要ということです。
今回は、「相見積り」のとり方で2パターンご紹介しますので是非参考にしてみてください。
 

1、ネット買取業者で見積もり(1社以上)⇒お近くの店舗へ


まずは1つ目、ネット業者で1社以上の見積もりを取ってから、お近くの店舗へと足を運ぶ方法です。ネット業者による見積もりを事前に得ているので、地域の店舗に行った際にも事前情報が入っているため、また既に1社の査定を手に入れているので、不当に安く買い叩かれる心配が少なくなります。
見積もりは、当サイトでピックアップしているネット買取業者が安心です。既に多くの実績がある他、販売網も確立しているため査定額も期待できます。

 

2、ネット業者のみで相見積り(2社以上)⇒買取へ


2つ目の方法は、ネット買取業者2社以上に見積もり依頼をし、その業者のいずれかに買い取ってもらう方法です。地域の買取業者へ足を運ぶ必要がなくなるので、手軽で高額査定も期待ができます。
2社以上としていますが、3社以上の査定依頼をすることで、より競争力が高まりますので、「すぐに売る必要がない」「できるだけ高額で売りたい」場合にはお試しください。
 

【古銭買取業者】徹底比較ランキング

インターネット経由で手軽に査定依頼できる古銭買取業者を厳選!それぞれのサービス内容や実績を元にランキングを作成しました。
数ある買取業者から厳選したのは「ウルトラバイヤー」「福ちゃん」「バイセル」「買取プレミアム」の4社。それぞれサービスの特徴も異なりますし、高額査定のためには業者選びは重要です。複数業者に査定を依頼する相見積もりも大切ですので、是非一度チェックしてみてください。

おすすめの記事