今回の記事では、現行貨幣の500円玉について、発行された年号・発行枚数や、状態による予想買取価格などをご紹介していきます。まずは一覧表で確認して頂き、その後、年代ごとの特徴などについても触れていきます。

価格目安については、日本貨幣商協同組合加盟店による販売実績、オークション実績などの結果を元にした、日本貨幣カタログを参考にしています。(※価格目安「-」となっている箇所については、貨幣本来の価値と同等の価値しかない、ということを意味しています。)

昭和57年〜平成11年発行(白銅貨)

財務省HP通常貨幣一覧より(https://www.mof.go.jp/currency/coin/general_coin/list.htm)

貨幣情報

図柄(表/裏) 桐/竹、橘、500
素材 白銅
品位(千分中) 銅 750、ニッケル 250
直径 26.5mm
量目 7.2g
発行年 昭和57年〜平成11年

発行枚数や価格目安など一覧表

年号(西暦)価格目安発行枚数(枚)
完未未使用美品並品
昭和57年(1982)1,2001,000--300,000,000
昭和58年(1983)1,2001,000--240,000,000
昭和59年(1984)1,2001,000--342,850,000
昭和60年(1985)1,2001,000--97,150,000
昭和61年(1986)1,2001,000--49,960,000
昭和62年(1987)2,5002,0001,5001,0002,775,000
昭和63年(1988)1,2001,000--148,218,000
昭和64年(1989)2,0001,50080060016,042,000
平成元年(1989)1,2001,000--192,852,000
平成2年(1990)1,2001,000--159,953,000
平成3年(1991)1,2001,000--170,120,000
平成4年(1992)1,2001,000--88,130,000
平成5年(1993)1,2001,000--132,240,000
平成6年(1994)1,2001,000--105,772,000
平成7年(1995)1,000---182,869,000
平成8年(1996)1,000---99,213,000
平成9年(1997)1,000---173,090,000
平成10年(1998)1,000---214,608,000
平成11年(1999)1,000---165,120,000
 

平成12〜発行(ニッケル黄銅貨)

財務省HP通常貨幣一覧より(https://www.mof.go.jp/currency/coin/general_coin/list.htm)

貨幣情報

図柄(表/裏) 桐/竹、橘、500
素材 ニッケル黄銅
品位(千分中) 銅 720、亜鉛 200、ニッケル 80
直径 26.5mm
量目 7.0g
発行年 平成12年〜

発行枚数や価格目安など一覧表

年号(西暦)価格目安発行枚数(枚)
完未未使用美品並品
平成12年(2000)1,000---595,969,000
平成13年(2001)1,000---608,051,000
平成14年(2002)1,000---504,661,000
平成15年(2003)1,000---438,405,000
平成16年(2004)1,000---356,903,000
平成17年(2005)1,000---345,030,000
平成18年(2006)1,000---381,593,000
平成19年(2007)1,000---409,903,000
平成20年(2008)1,000---432,811,000
平成21年(2009)1,000---343,003,000
平成22年(2010)1,000---406,905,000
平成23年(2011)1,000---301,936,000
平成24年(2012)1,000---267,211,000
平成25年(2013)1,000---137,892,000
平成26年(2014)1,000---167,013,000
平成27年(2015)1,000---143,004,000
平成28年(2016)298,340,000
 

500円玉の価値はあまり高くない

500円玉は、他の貨幣に比べて歴史が浅く、また発行枚数もほとんどの年で1億枚超えという、毎年相当な数の500円が流通しています。そのため、500円玉が、通用価値以上の評価で買い取られることはほとんどありません。
昭和62年、昭和64年については、発行枚数が270万枚、1600万枚と、例年に比べて少なくなっていることから、並品でも1,000円、600円という少し色をつけた程度の評価がされています。それ以外の年代は全て、通用価値以上の評価はされていません。

【関連】100円玉の価値・価格の一覧まとめ!相場はどのくらい?

【関連】50円玉の価値・価格の一覧まとめ!相場はどのくらい?

 

通用価値以上の100円玉まとめ

  • 昭和62年(並品 1,000円)
  • 昭和64年(並品 600円)

 

保存状態で価値が変わる

貨幣の価値は、その保存状態によって価値が大きく変動します。2桁以上の金額差が生まれることもよくありますから、いかに重要なポイントなのかがわかります。
当サイトでも「貨幣のグレード評価」についてふれていますが、それを素人目で判断するのは非常にむずかしいもの(評価にはかなり細かな判断を要します)。プロに価格査定をしてもらうことで、あなたがお持ちの貨幣の「本当の価値」がわかりますので、もし買取を希望している場合には、試しに無料査定をやってみるのも手です。
手軽に査定をするのであれば、「ウルトラバイヤー」がおすすめです!他の買取業者にはない「ビデオチャット査定」が出来るので、売れるかどうかわからない品物の面倒な発送作業や、自宅への訪問も必要ありません。
ただ....ウルトラバイヤーは、様々なジャンルの買取を行う業者ですし、査定額が想像よりも低く提示され、満足出来ない可能性もあります。
そんな時に是非試してみて頂きたいのが、他の買取業者との「相見積もり」です。見積もりしてもらう業者同士で、査定額を競い合ってもらう形になるので、1社に査定してもらうよりも、高額を提示してもらえる可能性が高まります。
ネット上から見積もり依頼のできる買取業者をランキング形式でまとめて居ますので、こちらを参考にウルトラバイヤー以外の買取業者もチェックしてみてくださいね。4社紹介していますが、いずれの業者も当サイトが厳選したものですので、安心してご覧いただければと思います。

【古銭買取業者】徹底比較ランキング

インターネット経由で手軽に査定依頼できる古銭買取業者を厳選!それぞれのサービス内容や実績を元にランキングを作成しました。
数ある買取業者から厳選したのは「ウルトラバイヤー」「福ちゃん」「バイセル」「買取プレミアム」の4社。それぞれサービスの特徴も異なりますし、高額査定のためには業者選びは重要です。複数業者に査定を依頼する相見積もりも大切ですので、是非一度チェックしてみてください。

おすすめの記事